Chibabiz.com
千葉県企業の情報サイト
〈チバビズドットコム〉

HOME ぴかいちば チバビズ探訪 ちばのたね ホームページ道場 バックナンバー
ぴかいちば
ぴかいちば
千葉のきらりと光る
社長へのインタビューをご紹介。
社長の熱い思いを語っていただきます。

地元に愛される
企業になるための「覚悟」
地域のための
車と不動産の企業
 株式会社サンアイクは、2001年(平成13年)に創業した軽未使用車専門店、プリウス専門店、車検の速太郎茂原店を運営している、今年でちょうど20期目になる会社です。
 サンアイクという社名は、「サン」は太陽の「サン」を表し「アイク」は私の名前、愛敬薫を短くしたもので、「太陽」は毎日世の中に光やエネルギーを無限に与えてくれるので、私の中では「与える」という意味を持っています。だから社名は「太陽の様に与え続けられるような会社になりたい」という想いを込めています。
 軽未使用車専門店と車検の速太郎茂原店は、以前はそれぞれ別の場所にありましたが、お客様の利便性と経営効率を考え、店舗を統合して2020年5月にオープンしました。
 当社は車検屋ではなく車屋なので生涯取引が不可欠で、買っていただいた車が止まったりぶつかったりして、お客様から「助けて」とご連絡があると、販売した責任があるのですぐに飛んでいきます。更にオイル交換も点検も無料にし、いつでもお客様が気軽に来ていただける、そうやってお客様と常にかかわっていたいと考えています。
 車検の速太郎に加盟したのも普通ディーラーなどでは2日かかる車検が1時間で終わり、内容も決して負けていないからです。それを実現するにはスピードが必要で、そのためにもこの店舗を作りました。速太郎の加盟店の中でも最速の月間500台の車検台数を目標に掲げ努力しています。
 また、今年で4期目になる関連会社の株式会社サンアイク不動産も始め、更にサンアイクリフォーム事業部を立ち上げ、車と不動産で地域のお客様に役立てるよう努力を続けています。
株式会社サンアイク
サンアイク軽未使用車専門店
1時間で車検ができる車検の速太郎茂原店

「覚悟」を決めて
トップセールスマンを目指す
 私が子供の頃は、人と群れるのが面倒くさかったので、一匹狼というか人と群れない番長のような子供でした。野球が大好きで、小学校まではプロ野球選手になりたいと思っていました。
 中学校に上がる時、母親から「勉強か野球のどちらかを一生懸命やりなさい」といわれたので、迷わず「野球をやる」と答え野球ばかりやっていて、高校へも野球推薦で進学しました。
 当時の高校3年生は7月まで夏の大会の予選をやって、試合に負けた瞬間に「就職を決めなさい」と突然言われるような状況でした。私は当時流行っていたトラック野郎になりたくて、先生に話したら「お前は車が好きならトヨタへ行け」といわれました。
 先生に言われた通りトヨタのディーラーに営業として入社しましたが、車が好きなわけではありませんでした。当時ディーラーの営業は厳しい世界で、同期は1、2年で7割近くが辞めるといった状況でした。同期がどんどん辞めていく中、自分も辞めようかとも思いましたが、野球部時代に教わった「「逃げちゃいけない」という言葉を思い出し、嫌で辞めたら逃げる事になるので、「トップを取ったら卒業だ」と自分で決め、トップを目指して頑張る事にしました。
 トップセールスマンになるには年間100台売ればなることができます。当時のディーラーには、営業が400~500人はいたでしょうか、皆狙っている1番を取るのは簡単ではありませんでした。「人がやらない仕事を人よりもたくさん」、そして「人よりも濃く」やるようにしました。一度トップを取っても皆すぐに落ちてしまうといわれていたので、特殊な能力も何もない私は、たくさんのお客様を作ろうとしました。当時は10年に1回車を買い替えるような時代だったので、1,000人のお客様がいればずっとトップでいられるという計算を立て、1,000人のお客さんを作ろうと考えました。
 そのためには車の販売以外でも、「困ったことがあったら全部私に言ってください」365日24時間、「何かあったら私の携帯を鳴らしてください」「夜は寝起きが悪いので3回位は電話してください。絶対に逃げませんから。」と「覚悟」を持って臨みました。そんな私の姿勢を見て、お客さんも応援してくれるようになりました。
 24歳位から成果が出てトップセールスマンになり、トップを29歳まで続けました。
株式会社サンアイク
旗艦店となっている店舗
オープンしたてのきれいな店舗内
社長になってから
経営の勉強を始める
 私は30歳でトップセールスマンを続ける事に疲れて嫌になって辞めて独立しました。当時はお金があった訳でもなかったので、会社は実家の前にあった畑にプレハブを建てて始めたのが今の会社です。
 会社を始めた当初、新車や中古車の販売もしましたが、当時流行っていたカスタム屋を中心に営業していました。そのスタイルで売上を3億近くまでは伸ばす事が出来たものの、3億を超えることができませんでした。そのうち改造がどんどん下火になり、介護車両や霊きゅう車を作ったりしたものの、なかなか上手くいきませんでした。
 会社を始め「とりあえず社長」になって「売れるものは売って」とやっていましたが、5年ほど経って、「経営者は何をしたらいいのか」と不安に駆られるようになりました。周りには経営者の先輩もいなかった事がきっかけで、コンサルティング会社などの様々な研修に行くようになりました。この研修がきっかけで、現在の軽自動車専門店を始める事になり、その結果売り上げが10億を超えるようになりました。
 車屋は固定のお客様が多く、20年や30年のお付き合いの方もたくさんいらっしゃいます。そんな長いお付き合いのお客様から「相続」や「住んでいる家」の相談などをされることが多くなりましたが、不動産だけは紹介できるいい人がいませんでした。
 近所に空き家が増えているのを目の当たりにして、中古車が流通しているので中古住宅が流通してもおかしくないのに、何故かそうなっていません。そこで「地域が廃れない」事に貢献したいと考え、不動産会社も立ち上げました。
株式会社サンアイク
サンアイク不動産
別店舗になっているプリウス専門店
私利私欲を顧みず
覚悟を持って臨む
 私には子供がいないので、いずれ今の幹部社員達にこの会社を継いでもらいたいと思っています。そのためにも社員さんたちがやり易い会社にして、今いる新人の社員さん達もどんどん成長してくれるようなしていこうとしています。
 そうなっても、さすがに今の幹部社員達には私の様な真似は出来ないだろうと思っていますが、販売会社、車検の会社というように分社化していけばできると思います。分社化した会社を継いでもらう、社長さんをたくさん作っていきたいです。そうしていく理由は地域活動を広げていくためだと思っています。
 今私はこの地域の車屋さんで、不動産屋さんでもあります。私が関わっている業界を進化させ、地域の人に役立つようにする。それを続けていける仕組みとして分社化が必要だという事です。
 経営ビジョンには「地域に愛され、人に信頼される企業になる」というのを掲げています。「誰か」がこの地域を変える事をやらないと良くならないし、どんどん廃れていってしまいます。私がその「誰か」のうちの一人になれればいいかなと思っています。
 私にはお金とか物とかにモチベーションはありません。トップセールスマンだった20代の時には年収が1,000万円位ありました。当時はギャンブルをしたり、ローレックスなどの高級時計を買うとか、そんな時代でした。若い時にそんな事をしてしまったからだと思います。
 今の私の望みは、事業が大きくなってお客様が皆喜んでくれて、会社がしっかり評価されるようになる事で、それ以外はどうでもいいと思っています。本当の覚悟は「やる覚悟」でもあるし、「好きな事も断つ覚悟」でもあるのかなと思います。
株式会社サンアイク
理念体系を構築し理想の企業を目指す。
社長の使命を掲げ覚悟を示している。
株式会社サンアイク
企業名 株式会社サンアイク
事業
概要
▽届出済軽未使用車専門店の運営
 届出済軽未使用車販売業務
 新車、中古車販売
 (古物商・自動車買取業務)
▽プリウス専門店の運営
 プリウス・アクア
 中古車販売業務
 (古物商・自動車買取業務)
▽車検の速太郎茂原店の運営
 速い、安い、丁寧な車検整備
 一般整備、鈑金塗装
 (関東運輸支局指定整備工場)
住所・

電話
番号
〒297-0007
千葉県茂原市腰当526-1
TEL:0475-20-5333

○車検の速太郎 茂原店
 〒297-0007
 千葉県茂原市腰当526-1
 TEL:0475-20-4333
○株式会社サンアイク
 プリウス専門店
 〒297-0008
 千葉県茂原市渋谷864-2
 TEL:0475-44-6001
HP https://www.sunaiku.com/
(株式会社サンアイク)
従業員 40名
資本金 1,000万円
関連会社 ○株式会社サンアイク不動産
 〒297-0024
 千葉県茂原市八千代1丁目18-2
 TEL:0475-47-2323
○サンアイクリフォーム
 〒297-0024
 千葉県茂原市八千代1丁目18-2
 TEL:0475-47-2323
(2021/1/12)


〈編集後記〉
 取材中の雑談でホームページやSNSをいかに活用するかを勉強し、活用されている事を知り、びっくりしました。若い経営者の方は別としても、一定年齢以上の経営者の方とお会いした中で、ここまで積極的に勉強し、活用されている方は初めてでした。
 慣習を打ち破ろうとする行動は、時にバッシングのリスクもあります。しかし、愛敬社長は営業マン時代の教えの「敵を作るな」「言われても言い返すな」「やられてもやり返すな」の言葉を守っているので平気だとおっしゃっていました。まさに「覚悟」ではないでしょうか。地域を愛し、社員を愛する愛敬社長のこれからの活躍に期待したいと思います。
ぴかいちばトップへ戻る
HOME ぴかいちば チバビズ探訪 ちばのたね ホームページ道場 バックナンバー
お問い合わせはこちら

チバビズドットコム制作委員会
株式会社 翠松堂BTL
© 2017 chibabiz.com Production Committee
トップへ戻る